ayazakura’s diary

ジュエリーブランド「アヤザクラ」のデザイナーAYAが綴る日記です。

episode17 天井が落ちた・・・!

初めて住んだ安アパートは
「クイーンズブルーバード ウッドサイド」
ラテンのリズムがどこかしら聞こえてくるスパニッシュ街。
 
サブウェイは数少ない7トレイン
数少なめの不便なみんなが使いたがらないライン。 
家賃は確か3万ほどだったかな・・
ルームメイトと3人暮らし。
 
あらゆるところにコインランドリーがある住宅街で
私にとってアメリカっぽい匂いといえば
コインランドリーから漂うdowny的な柔軟剤の匂い。
 
 
そんなある日
家に帰ると自分の部屋の天井にぽっかり
大きな穴が…!!!
 
色んな床などの材質なのか
とにかく何かがたくさん落ちていた・・・
慌ててインド人の管理人さんに連絡したけど
若い娘だったから、なめられていたのか…
全く素早く対応してくれない。
やっと来てくれたかと思うとまるで他人事。
「good luck!」とか捨て台詞を残して帰っていった…
私は・・・悔しくて涙が出た。
 
アメリカ人の友達に「聞いてよ!」とその話をしたら
返ってきた言葉は
「WELCOME to NEWYORK!!!」笑
そのときはまだ未知だったけど
住めば住むほどわかる、理不尽極まりない街。
でもそれ以上に夢と愛が詰まってる街。
 
しょうがないよ
ここはニューヨークなんだからってね〜。
 

f:id:ayazakura_diary:20210301161928j:plain

f:id:ayazakura_diary:20210301161947j:plain

・・・・
cheap apartment where I used to live for the first time was Queens woodside.
it was spanish town where you can hear some Latin rhythms everywhere .
subway was 7train.
inconvenient lines that everyone doesn't want to use.
I think the rent was about 30,000yen with 3roommates.
 
And the street is a residential area .
coin laundrys were everywhere.
still now everytime when i smell of fabric softener reminds me NEWYORK instantly. 
 
 
One day
When I got into my room .
There was a big hole ...unbelievably messy!
A lot of something of various floor materials had fallen from the ceiling.
In a hurry 
I contacted to my super who is indian.
he was not respond at all quickly
It was very very sloppy ... 
he finally came, and said good luck .
I was so frustrated and cried.
 
When I talked about that story to my american friend 
he said
「WELCOME to NEWYORK!!!」
 
It was still unknown at that time
The more you live, the more you understand
An unreasonable city
 
It can not be helped
Because this is New York ~hummmm.